2021年7月28日 更新

当院での新規(1回目)のワクチン接種再開時期について

当院での新規(1回目)のワクチン接種再開時期について[7月28日 追記]

【当院に対する1回目接種分の供給再開時期について】

新たな1回目接種分のワクチン供給再開は早くとも8月からの予定となっております。
当院も保健所等と連絡を取り合った結果、当院に対する1回目接種分のワクチン供給は、8月17日頃の予定となりました。
但し、最終的に納品されるワクチンの数につきましては、現時点では未だに確定していない状況です。

つまり8月17日を目処に新規受付分を再開できる目処は立ちましたが、具体的にどれくらいの方に接種できるのかは、未だに不透明な状況となります。

【1回目接種の再開時期、接種対象者について】

上記の通り、ワクチン納品数が確定し次第、当院では8月17日頃から1回目(新規)の方に対するワクチン接種を再開する予定です。

ワクチン接種の対象となる方につきましては、原則として「7月12日以降に1回目ワクチン接種予定であったにも関わらず、ワクチン供給中断に伴い、一旦、お待ちいただいた方」から順次ご連絡をさせていただき、1回目ワクチン接種の予約(接種スケジュール)を確定していく方向となります。

ワクチン納品数が確定し次第、当院から対象となる方へご連絡を差し上げます。既に、大変お待たせしておりますが、今しばらくお待ちいただきますよう、お願いたします。

また、当院としても接種スケジュールにつきましては検討を重ねておりますが、ワクチン納品数やワクチン接種の対象となる方のご予定等により、接種順が前後する可能性もございます。この点につきましても、何卒、ご了承いただければと思います。

また、上記の対象者の方が全て接種を終えられるまでは、新たな1回目接種の予約受付は再開しない方向となります。
新たに1回目接種の方を受け入れられる体制が整った段階で、本ホームページなどで告知いたします。今しばらくお待ちください。

【2回目の接種日について】

新型コロナワクチンの接種間隔(2回目の接種日)、今までは1回目から3週間後とされていますが、当院以外の接種会場においては3-6週間と幅を持たせて接種されているところもあり、一説によると間隔をあけても良いという論説もあります。
この接種間隔については、現時点では確固たる答えが出ているわけではありませんが、少なくとも接種間隔を3週間より多くあけることによるデメリットはさほど無い模様です。(この件は当院でも今後、更に情報収集を行って参ります)

当院では今後予定されている1回目(新規)の方に対するワクチン接種の予約スケジュールにつきましても、原則として従来通り「1回目と2回目の接種間隔は3週間とする」方向で調整しておりますが、昨今のワクチン流通状況、ならびに上記の件を踏まえ、今後は接種間隔を広げる可能性もあります。

その為、1回目(新規)の方に対するご予約の際は、予備日として3週間後以外の日程も空けておいていただく可能性がございます。

さまざまな情報が毎日変化している状況です。当院も常に最新の情報を収集し、考えうる中で最良の方法を模索してまいります。

新型コロナウイルス ワクチン 大阪市におけるワクチン供給減について

大阪市におけるワクチン供給減について

当クリニックは新型コロナワクチンの予防接種について、”ご予約と同じ数だけ発注したワクチン”を過不足なく使い切り、その時点で次回発注を行うという形で運用してまいりました。
また、当院は貴重なワクチン資源確保のため、予約数を超える発注を行うような余剰なワクチン発注はしておりませんでした。

また、ありがたいことに、現在までワクチンを無駄にすることなく、1回分も破棄することなく経過できております。
急なキャンセルが出た際に当日のご連絡にもかかわらず接種にご協力いただいた方や、キャンセルの際に忘れずにご連絡いただいた方など、皆様のご協力のおかげで貴重なワクチンを破棄することなく執り行うことができました。ご協力、心から感謝申し上げます。

これからもこの調子で”余剰発注を行わず、かつ、ワクチン破棄を発生させないよう”留意して、ワクチン接種を続け、7月末までに近隣の方のワクチン接種のほとんどを完了する予定をしておりました。


しかし、6月29日の夕方、大阪府医師会を通じて緊急のメールが大阪市から届きました。
その内容は、「発注しているワクチンの1から3割を減じた分しか納品できない可能性がある」との通達でした。

全くの急転直下、なんの前触れもない連絡で、信じられない気持ちで一夜明けました。
そして、6月30日に改めて配送確定通知が届き、希望発注数の大幅減が確定しました。

そして、7月2日、大阪市の松井市長より、「ファイザー社のワクチンの供給の見通しが立ってない」として、「集団接種や個別接種のうち、1回目の接種を7月12日から一時的に停止する」との発表がありました。

これに伴い、「各医療機関が7月12日以降で受け付けていた”1回目の接種の予約”については、8月以降に延期するよう」との指示が来ました。

ワクチン供給減に対する 予約対応について[7月8日 追記]

既に予約を取っておられる方へ

7月12日以降にご予約していただいている全ての方に接種していただきたいのは山々なのですが、上記のように、”1回目のワクチン接種を受けていない方の、2回目分のワクチン確保が確約できない”状況になっております。

多くの方がご存知かと思いますが、新型コロナのワクチンは2回の接種が必要であり、ワクチン(ファイザー社 コミナティ)の特徴として、1回目と2回目の間隔は”3週間”が望ましく、それ以上の間隔が開くのは好ましくありません。
現状では、”1回目の接種が出来ても、2回目の接種が3週間後に出来ない”ということが起こり得る可能性があり、当院としてはそれは避けるよう死守したいと考えております。

【7月12日以降のご予約のキャンセル/延期について】
7月7日に大阪市保健所より7月13日と16日に当院へ分配されるワクチン数の確定通知が届きました。

結果、当院では要望していた接種回数より遥かに少ない数の供給が確定しました。

ワクチン接種開始当初の頃からさまざまな事情を鑑みて、日程を空けてワクチンを待っておられる方がおられる旨を保健所の担当者の方にお電話がパンク状態でかからないためFAXを送りつつ、一縷の望みを持って大阪市や国の動向を見守っておりました。
しかし、ついに7月12日以降に初回の接種を受ける予定の全ての方に、ご予約のキャンセル/延期をお願いするように医師会を通じてお達しがありました。

予約開始直後の時点から、7月12日以降にご予約登録をされた方もたくさん居られます。我々も非常に無念で、断腸の想いでの決断でした。

(少なくとも、すでに1回目の接種をされている方の2回目分の接種バイアルは確保できることを、保健所の方に確認し、確約していただきました。保健所の方も連日遅くまで残業して調整をしてくださっております。本当に新型コロナワクチン接種に関わるすべての人が一生懸命になって動いておられます。本当に有難いことです。。。)

結果、7月7日よりドクター・看護師・事務スタッフ、それこそクリニックの全スタッフが総出で、7月12日以降にご予約された方のお一人おひとりにお電話やメールなどでご連絡をさせていただきました。

当院としましてはできる限りギリギリの段階まで望みを持って関係各所と調整を行ったのですが、その結果として、ご報告やご連絡が直前になってしまったことをお詫びし、本当に申し訳ない気持ちでご連絡をさせていただきました。非常に残念なご報告のご連絡となってしまい、本当に恐縮しております。

すでにニュースなどでワクチンの供給減についてご存知の方が多く、中にはこのような状況にもかかわらず当方に労いの言葉をかけてくださる方も居られて、涙が出るほどありがたく思いました。

7月8日以降も、引き続き、お一人おひとりにご連絡させていただきますことをお許しいただけたらと思います。

引き続き、市からの連絡を待ち、ワクチン供給が安定して1回目と2回目が確実に接種確約できる状況になりましたら、再度、新たな日程でのご予約を、優先的にご案内をさせていただく所存です。今、しばらくお待ちいただけたら幸いです。

【キャンセルをご希望の方へ】
大規模接種会場や他院などで予約が取れた場合などで、当院でのご予約分のキャンセルをお考えの方は、貴重なワクチンの破棄を回避するためにも、なるべく早めのご連絡をお願いいたします。

尚、日中はお問い合わせが非常に多く、お電話が繋がりにくい状態となっております。
よろしければ以下のお問い合わせフォームもご活用いただけたらと思います。

これから予約を取ろうと思っておられる方へ

上記の通り、新規予約の登録受付を中止(中断)しております。

メールやお電話でお問い合わせいただいても、直接ご来院いただいても、現時点では新たな予約受付はできません。

新規予約の受付再開につきましては、今後のワクチン供給量が確定した段階でホームページ、院内ポスターなどで告知致します。今しばらくお待ちいただきますようお願い致します。

当院における”接種再開状況”について[7月14日 追記]

先日、大阪市長が「7月19日以降にワクチン接種を再開する」旨の記者会見を行われました。

それに伴い、当院におきましても、「いつ頃から再開するの?」というご質問を多数いただいております。

それを受けて、我々も再開の目処について、ワクチン供給の窓口となる保健所の担当者の方と協議を行っております。
つきましては、現時点(7月14日)で判明している現状を以下に記載いたします。

・大阪市としては、7月中は2回目のワクチン接種が優先される。
つまり「7月10日までに1回目の接種をした方の2回目接種を優先して完了」するという方針です。

・現時点でワクチンを余剰に有している接種会場のみ、7月19日から1回目のワクチン接種再開を行っても良い。
7月19日からの1回目接種用に新たなワクチン配布は行われない為、あくまでも「余剰がある接種会場のみ」が再開できるという考え方です。

・8月分のワクチン供給量が確定するのは、7月末を予定している。
「余剰がない接種会場」については、1回目接種の再開は早くとも8月からとなり、その接種可能数(=ワクチン供給量)は7月末までわからないということです。


【当院での新規(1回目)のワクチン接種開始時期】

当院では今まで何度かお話ししてきましたように、大阪市や保健所の取り決め通り、必要数のみ発注しており、余剰発注はしておりません。

よって、現時点で当院には余剰在庫はなく、残念ながら、7月19日には新規(1回目)のワクチン接種を開始することはできません。

当院での新規(1回目)のワクチン接種は、新しく次の供給分が配送された後、つまり8月以降となります。


【ご予約をキャンセルさせていただいた方へ】

一刻も早く希望する方にワクチンが行き渡ってほしいと考えておりますが、私達としては、供給ワクチン数が確定次第、まずは、予約を一旦キャンセルさせていただきお待ちいただいている方に対して、順次再予約という形で、お一人おひとりに予定を伺った上で接種を行って参りたいと考えております。

上記のように、7月末に供給ワクチン数が確定する予定です。当院に供給されるワクチン数が確定した後に、再度、ご予約調整のご連絡を差し上げます。

尚、8月以降のワクチン供給量は”不安定”としかいいようがない状況となっております。

ワクチン流通が不安定な事を受けて、このたび大阪市や保健所より「今後は確実に2回目接種を含めた予約を確保してから発注(予約)を行う」よう、ルール・方針の変更があり、当院もそのルールに則って発注する方向となりました。

つまり、供給されたワクチンを÷2にした(2回分を確保した)予約枠にする為、以前よりも予約(接種)のスピードが遅くなる可能性が高くなると思われます。

加えて、大阪市が供給するワクチン数を制限しているため、各接種会場・各クリニックが希望するワクチン数を確保できない可能性が今後しばらく高くなる恐れがあります。
その為、再開するにせよ、少量のワクチンで、細々としか接種ができない可能性があります。

また、発注から供給までの時間が短い為、ご予約の際には直近のご予約しかご提示できなくなる可能性があります。
(「翌週の○曜日とその3週間後でご予約をお願いします」というようなイメージです。)

引き続き、ご予約をいただく皆様には、多くのご無理をお願いすることになるかと思います。その際は何卒、ご協力のほど、宜しくお願い致します。


繰り返しになりますが、余剰ワクチンがあるかどうかなど、各クリニックにより事情が異なりますので、中には7月19日からワクチン接種を再開できるクリニックもございます。
もし、近隣でそのようなクリニックがあり、ご予約が取れるのであればそちらに変更いただいても大丈夫です。その際はお手数ですが、当院までその旨のご連絡をお願い致します。

お問い合わせ

矢印

新型コロナウイルスのワクチン接種につきまして、ご不明な点がございましたら、以下の入力フォームからお問い合わせください。
いただいたご質問内容を担当のドクターが確認し、メールにてご回答させていただきます。


ワクチン接種のご予約につきましては、上記の通り、現在は新規受付を中止しております。
お問い合わせフォームからご予約についてご登録いただいても、現時点では予約をお取りすることはできません。

    お名前 *
    回答方法 *
    メールアドレス *
    メールアドレス(再入力) *
    お電話番号 *
    お問い合わせ内容

    新型コロナウイルスのワクチン接種における当院の取り組みについて

    当院では大阪市の基本型接種施設より大阪市西成区玉出エリアにおいてワクチンの移送を受ける「サテライト型接種施設」に登録を行っており、5月24日より高齢者の方、基礎疾患のある方を優先して接種を開始してまいりました。

    現在までに大変多くの方へワクチン接種を行っており、そのうち何名かの方つきましては二回目の接種も終えております。
    当院にて接種を受けていただいた皆様、スムーズな接種にご協力いただき、ありがとうございました。


    新型コロナウイルスの症状となる「かぜ症状(発熱/せき)」、「倦怠感」、「味覚/嗅覚障害」を感じた場合は「新型コロナかな?って思ったら・・・」のページをご覧ください。

    新型コロナかな?って思ったら・・・

    【かぜ症状(発熱/せき)】【倦怠感】【味覚/嗅覚障害】がある方は・・・ 【重症化するリスクのある方】 新型コロナウイルス感染症の初期の症状は、「かぜ」と区別できません。 無症状の方もおられます。一方…

    Read more

    皆様が先の見えないご不安で大変な事と承知しております。私達も、地域クリニックとして出来ることを模索して参ります。

    ただ、このような事態は全ての方にとって初めての事ですので、諸々の不手際や、ご期待添えない事も出てくるかもしれません。
    その点、ご理解頂けますと幸いです。よろしくお願いいたします。

    ワクチン接種予約 待機リストについて

    「新型コロナウイルスのワクチン接種の流れ」に記載してある通り、原則として「接種券」が無い方は予約を受けることができません。

    しかし、「新型コロナウイルス ワクチン接種の予約に関するお願い」に記載してある通り、ワクチンには様々な制約があります。
    それら制約に則り、貴重なワクチンを廃棄しなくて済むように、「接種券が無い方でも、事前に接種していただける方(接種後に接種券を提出していただきます)」を「待機者」として予約登録することといたしました。

    待機リストは、予約キャンセルになどによって、ワクチンの無駄に廃棄しないための取り組みです。

    新型コロナワクチンは、流通数の観点から高齢者の方から優先的に接種する方策がとられています。このため、当クリニックでも、基本的には自治体から接種券が郵送されてきた方から優先して接種予定を組ませて頂いております。

    突然予約キャンセルがあった時など、ワクチンを無駄なく使用するために待機リストの中から接種のお声かけさせて頂きます。
    この際、迅速に接種していただくためにも当クリニックの近隣にお住まいの方を優先とさせていただくことがございます。

    当院からのお声かけの前に、他院での接種が可能な場合はそちらを優先してください。(貴重なワクチンを無駄にしないためにも、その際はご一報をお願いいたします。)

    また、高齢者と同居されている方につきましては、接種の優先順位を早めるなどの考慮をさせていただきます。

    【待機リストにご登録いただく際の注意点】
    待機リストに登録していただいても、当クリニックに納入されるワクチン数等により、当院でのワクチン接種ができない可能性があります。(待機リストに登録しても当院でのワクチン接種を確約できるものではありません)
    ご登録の際には予めご了承ください。

    待機リストに登録されている皆様、待機リスト登録希望の皆様へ

    2021年5月16日

    当院の待機リストの取り組みにご理解いただき、ありがとうございます。

    現在、待機リストには40名以上の方が登録いただいておりますが、現状では接種券のある方の予約数がワクチン入荷数を超える模様です。
    このため、待機リストの皆様に接種のお声かけができるのは、前日や当日の急なキャンセルの場合に限られてくる見込みとなりました。

    これらの状況から、待機リストに対する新規登録につきましては、一旦、中断させていただくこととなりました。また、待機リストにつきましても、予約可能な状況となりましたら、このホームページにてご案内をいたします。

    ワクチン接種のご予約

    矢印マーク

    新型コロナウイルスのワクチン接種のご予約・待機リスト予約は以下の入力フォームより登録してください。
    ※現在、予約登録は一時中断しております。詳しくは上記の「コロナワクチン予約希望の皆様へ」をご覧ください。

    新型コロナウイルスのワクチン接種の流れ

    「接種券」と「新型コロナウイルス接種のお知らせ」が届きます。
    接種可能となる時期より前に、市町村から「接種券」と「新型コロナウイルス接種のお知らせ」が届きます。
    「新型コロナウイルスワクチン接種予約開始日のお知らせ」が届きます。
    ワクチン接種の予約が可能となった方を対象に、高齢の方から段階的に「お知らせはがき」が届きます。
    ※この「お知らせはがき」は集団接種の予約に関するものです。当クリニックでの予約の際は「お知らせはがき」が届くのを待っていただかなくても大丈夫です。
    接種会場を探します。
    接種可能となる会場(病院)を探し、接種日を予約してください。上記の通り当クリニックでも接種可能ですので、ご活用ください。
    病院で接種します。
    予約当日に病院へ出向き、接種をします。
    当日は「接種券」と「本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)が必ず必要となります。

    新型コロナウイルスのワクチン接種の費用

    ワクチン接種の費用は「無料」となります。

    すべて公費負担となり、予約金や手数料、接種料などは一切必要ありません。

    新型コロナウイルスのワクチン接種に便乗した詐欺行為や不審な電話勧誘など、十分にご注意ください。

    新型コロナウイルスのワクチン接種の対象者

    1. 高齢者施設に入所されておられる方から優先的に接種開始となります。
    2. 次に「高齢者」の方の接種がスタートします。
      (高齢者=令和3年度中に65歳以上に達する方)
    3. 1,2以外の方については、ワクチン入荷数に応じて開始時期が変動する予定です。

    くわしくは「新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について(大阪市)」をご確認ください。

    新型コロナウイルス ワクチン接種の予約に関するお願い

    新型コロナウイルスのワクチンには以下のような特性があります。

    • 解凍した後、「約5日以内」に使用しなければならない。
    • 1瓶に6回分の薬液が入っており、6の倍数分の方に接種しなければ、残りは廃棄処分となる。
    ワクチン6回分

    これらの特性を踏まえた上で貴重なワクチンをなるべく廃棄しなくて済むよう、ワクチン接種の予約につきまして、当クリニックでは以下のお願いをしております。

    • 予約日のキャンセルは極力避けてください。
      体調面などの事情がある場合は分かり次第、少なくとも接種当日の朝までにはご連絡をお願い致します。
    • 接種日の前倒しをお願いすることがあります。
      突然のキャンセルが発生した場合、予約日を前倒しして接種可能な方を募っております。
      貴重なワクチンを廃棄しない為にも、ご協力をお願い致します。