漢方薬について〜今日は「気」「血」「水」の「水(スイ)」!〜

みなさま

こんにちは。

今日も漢方ブログです。

さて今日は

漢方医学的な病態(証 「しょう」と言います。)を把握するためのひとつの捉え方である

「気(キ)」「血(ケツ)」「水(スイ)」の変調の中でも

「水(スイ)」にスポットを当てたいと思います。

 

漢方の気、血、水のイメージ図

 

今日で、「気」「血」「水」シリーズは一旦終了になります。

★★過去の漢方薬についてのブログはこちらです。★★

・漢方の勉強会(Webセミナー)に参加しました。『疲れたオトナ女子に』→こちら

・漢方の処方を受けておられる方へ→こちら

・漢方の勉強会にオンラインで出席しました。→こちら

・漢方薬について 〜「気」とは何ですか?〜 気虚??→こちら

・漢方薬について〜「気」とは何ですか?〜 気鬱??→こちら

・漢方薬について〜「気」とは何ですか?〜 今日は、気逆!?→こちら

・漢方薬につい〜今日は「気」「血」「水」の「血(ケツ)」!〜→こちら

 

水(スイ)とは何でしょうか

 

今までお話ししてきたことをさらっとおさらいすると

「気」は「エネルギー」「元気」と考えればわかりやすいとお話ししました。

そのような「気」の働きを担って生体内を巡る液体として

「血」「水」があると漢方学では考えます。

「血(ケツ)」は、いわゆる血液そのものを指したり、血液の働きも含めたもっと広い意味も指すようです。

 

で、今日のテーマの 」、「スイ」。

水(スイ)は体の中の透明な液体全般を指します。

西洋医学でいうと、リンパ液、漿液といわれるものに相当します。

胸に水が溜まる、腹水がたまる、水様の鼻水、水っぽい帯下(おりもの)、足のむくみなど

こう言ったときに溜まる水が、「水(スイ)」です。

イメージつくでしょうか?

基本的に、水(スイ)は「気」と「血」が十分にあり、その上でその巡りが順調なら、

「水(スイ)」滞ることはないと考えられています。

水のイメージ

 

「水(スイ)」の異常は、主に「水毒、水滞」です。

気の異常は、「気虚」「気鬱」「気逆」でした。

・漢方薬について 〜「気」とは何ですか?〜 気虚??→こちら

・漢方薬について〜「気」とは何ですか?〜 気鬱??→こちら

・漢方薬について〜「気」とは何ですか?〜 今日は、気逆!?→こちら

「血(ケツ)」の異常は、「瘀血(オケツ)」「血虚(ケッキョ)」でした。

・漢方薬につい〜今日は「気」「血」「水」の「血(ケツ)」!〜→こちら

 

さて、今日のテーマ

「水(スイ)」の異常は、主に水が過剰になるか、滞るか、異常分泌の状態で、「水毒(すいどく)や水滞(すいたい)」と言います。

 

 

「水毒、水滞」ってどういうこと?

先ほども少しお話に出てきましたが、

分泌の異常として

水様性の鼻水(例えば花粉症)

泡みたいな痰

水っぽい帯下(おりもの)

 

鼻水が出る男の子

healthcare learning – smiling young preschooler with red hair and blue eyes using a tissue after a cold or having rhinitis allergies, grey background studio

水が停滞、滞るものとして

むくみ

腫れ

胸に水が溜まる(胸水)

腹に水が溜まる(腹水)

関節液が溜まる

胃の流れが悪く飲んだ水が降りて行かずチャプチャプする。

めまい、耳鳴り、立ちくらみ(実はこれも水毒が絡んでいることが多いと言われてます。)

気候や天気で悪化する頭痛(これも水毒の治療薬が効いたりします。)

むくみのある女性

水毒、水滞の局在を分類してみると

水毒に対する治療を行うときに

医師は、水は体のどこに溜まってる?どんな症状に?というふうに分類をして考えやすくしております。

 

私がよく参考にしている本が、

「症例から学ぶ、和漢診療学 第3版 (寺澤 捷年先生 医学書院)」ですが→こちら

その本を参照にすると

①全身型

②皮膚・関節型(疼痛・炎症疾患)

③胸内型(呼吸器・循環器症状)

④心下型(上腹部型)

と4つに大別しています。

「症例から学ぶ、和漢診療学 第3版 (寺澤 捷年先生 医学書院)」参照

 

 

水毒を改善する生薬とは?

 

代表的な、駆水剤(利水剤)に含まれる生薬は

先ほどの分類によって少し異なる部分もありますが

「茯苓(ブクリョウ)(サルノコシカケ科)」「朮(ジュツ)」「沢瀉(タクシャ)(オモダカ科)」「猪苓(チョレイ)」

「防已(ボウイ)(ツヅラフジ科)オオツヅラフジの茎や根茎」

なんかがあります。

これら生薬を配合した漢方を選択していくわけです。

 

水毒の治療薬は、水を駆動させるという意味合いで「駆水剤(くすいざい)」とか「利水(りすい)剤」とか言ったりします。

 

当クリニックでは

エキス剤という形での処方が一般的です。

要するにインスタント漢方薬です。

 

だいたいのエキス剤は

空腹時に温めたお湯で飲む。

湯飲みにエキス剤を入れて100ml程度のお湯を入れてよく溶かして飲むというのも効果があります。

(中には、冷たい水で飲むほうがいいものもありますから、処方した場合はその都度お話ししますね。)

漢方エキス剤

さて今日は「気」「血」「水」の「水(スイ)」!に関するお話でした。

 

よく言われることですが

漢方を出す時は

この症状だからこれ!という出し方はあまりしません。

その方の体に起きている病態を改善する漢方薬を選んでいくと

悩んでいる症状が改善する。

というような選び方をします。

なので同じ症状でも、お知り合い同士でもらっている漢方が違うこともザラにあります。

逆に、症状が違うのに同じ漢方なの!?ということもよくあります。

 

 

 

以上、今日で漢方の一つの捉え方、「気」「血」「水」シリーズが終わります。

漢方薬は

辞書の索引を部首から調べたり、画数から調べたり、読み方から調べたりするのと似ていて

どの診方でその方の病態を捉えていくか

各先生によったり、その先生の中でも捉えやすいやり方があったりしますが

最終的に、構成している生薬の兼ね合いから

ここら辺よね?っていう落とし所が決まっていきます。

それがぴったり合っていくためには

患者さんのご協力も必要で、

それを飲んでみてどうかとか

どれくらい余っているか(余っているかどうかも一つの大事な指標です。)

包み隠さず教えていただけると嬉しいです。

 

それでは、今日はこの辺で。

 

あん奈